エステ 経営破綻

ミュゼプラチナムが経営破綻してた?任意整理?

ミュゼプラチナムが経営破綻してた?任意整理?

 

女性専門の脱毛サロンであるミュゼプラチナムをご存知ですか?脱毛サロンの中でも超大手であるエステサロンですが経営破綻の危機に瀕している状態にあります。超有名なミュゼプラチナムがこんな状況になったのには驚きですが、この状況になった原因にはミュゼプラチナムを運営している株式会社ジン・コーポレーションが経営破綻になってしまったことにあります。

 

現在は任意整理を目指している状況です。ミュゼプラチナムのようなエステサロンでは、エステサロンを通っていると金額が高額になることから事前に料金を前払いにすることで割引にある前受金制度というものが一般的に取り入れられています

 

もしもこのままミュゼプラチナムが倒産になってしまった場合、約240万人くらいいるとされているミュゼプラチナムの会員に前受金を返金することができなくなってしまうことになります。240万人の会員は脱毛サロン業界の中でも最大数を誇る会員数です。

 

これほどの人数のお客が大損をするとなると社会問題に発展する可能性があります。それだけに留まらず刑事事件になってしまう可能性だってあります。ジン・コーポレーションでは資金繰りが2015年の4月から悪化していることが露見し、社員には夏のボーナスも支払われなかったそうです。

 

もちろん社員旅行もなくなり社員は大きな被害を受けています。被害に関しては社員だけではなく取引先にまで影響が出ています。20億円と言われるほどの大金が未払金になっているのです。

 

そのため20億円の支払いのメドがたっていない状況にあります。さらに簿外債務というのもあり、会員から前払いで施術にかかるお金を一度に支払っていることで、これは特定継続的約無提供といものであり、お客は途中解約をすることができ解約ラッシュになった場合先払いした金額の残金を返金しなくてはなりません。

 

ミュゼプラチナムではこの金額について施術の度に金額を計上していっていれば問題はないのですが、一括で計上を行っているため、現在お金がないという状態なので、お客に返金するお金も残っていないということになります。この前受金は簿外債務であり、ミュゼプラチナムの売上のほとんどが簿外債務であり、正しく計上した場合、債務超過となっています。

 

そのミュゼプラチナムが倒産しないようにするために現在任意整理をしている段階になっています。もし、この任意整理がうまくいかなかった場合は、多くの前受金の返金ができず、お客が大損することになってしまいます。

 

他にもミュゼプラチナムの社長は個人的に会社に3億円以上の借入金もあるようです。このお金の使いみちについても不明であり、不正などが合った場合刑事事件にまで発展します。こういったことからエステサロンは倒産する可能性があり、気軽に割引になるからといって前受金を払ったりするとこういった危険が潜んでいます。

 

こういった危険も考えたうえで、家庭用脱毛器ケノンは自宅でもサロンに通うのと同等の脱毛を行うことができるので、これを知った機会にサロンではなくケノンに乗り換えてみるのはどうでしょうか?



脱毛器ケノン


ケノンのスペック詳細!!

最強スペックとして有名なケノンの性能分析を行いました!

その実力をご覧ください!!

           ↓↓↓

ミュゼプラチナムが経営破綻してた?任意整理?
ミュゼプラチナムが経営破綻してた?任意整理?

公式ホームページはこちら↓↓


関連ページ

脱毛サロンは予約を取るのが大変
家庭用脱毛器が流行っている理由には、脱毛サロンの予約が取りにくいこともあります。特に大手の繁盛サロンほど予約を取りにくいので、マイペースで好きなときに処理できる家庭用脱毛器をおすすめします。
エステティシャンは資格要らずの素人
サロンで脱毛の施術を行うエステティシャンは、脱毛の資格を持っている事は無く素人同然です。家庭用脱毛器のケノンを使い、自分で処理するのと、ほとんど効果は変わりません。
ケノンと脱毛エステサロンの比較です
金額的な面もさることながら、その手軽さにおいて圧倒的にケノンに軍配が上がります。サロンに行く手間はもちろん、その他コースの勧誘を受けることもなく、自分のペースで脱毛できます。
ケノン脱毛器と脱毛サロンを価格比較します
ケノンは家庭用の脱毛器においては非常に高価格であるものの、性能も極めて高く、エステサロンなどでの脱毛にも匹敵する効果が出ます。ケノンを概ね70000円と考えてお店と比較しましょう。
脱毛エステで全身脱毛やったら施術時間は3時間
ムダ毛の脱毛と言えばエステと考えがちですが、全身脱毛を行う場合施術に3時間かかり、待ち時間や通院する時間など無駄な時間が過ぎていきます。家庭用脱毛器のケノンなら好きな時間にリラックスして脱毛出来ます。
脱毛サロンは衛生管理が不安でしょう
脱毛サロンの衛生管理は、利用者が確認することは難しいです。不衛生なサロンで処理を受けると、肌の炎症・赤みなどのトラブルが起こることがあるため、安心できる家庭用脱毛器の使用をおすすめします。
脱毛サロンで年間契約するデメリット
脱毛サロンで年間契約をしてしまうと毎回お店まで通い続けるわずらわしさや、途中で辞めたくなっても料金を支払ってしまっているため辞めるに辞められないことがあります。
脱毛サロンを中途解約する方法
脱毛サロンを中途解約するには特定継続的役務提供の中途解約手数料を支払わなくてはいけません。サロンでのサービスをまだ受けていない場合は解約手数料の上限が2万円と定められています
ケノンは脱毛サロンよりも時間の有効利用が可能
サロンで脱毛した場合、予約した時間に出かけ施術にも、時間を取られてしまいます。家庭用脱毛機のケノンなら、1度購入すれば自宅で空いている時間に脱毛でき、無駄毛処理の時短に繋がります。
ケノン、エステの2つを比較します。どちらがお得?
家庭用脱毛器であるケノンとエステはどちらがお得でしょうか。エステは一度行くだけできれいになるわけではありません。何度も使えて美顔器にもなるケノンを購入し、毎日でも使用する方がお得といえます。
エステサロンの仕事は未経験求人ばかり
エステサロンの中には未経験者ばかりを採用しているところもあり、当然ながら肌トラブルが発生する可能性が高くなります。安全・格安に脱毛したい方は、家庭用脱毛器を使用しましょう。
ケノンと脱毛サロンの費用の違い
ケノンと脱毛サロンの費用を比べれば、圧倒的にケノンのほうが安いです。全身脱毛をサロンで行ったら、トータルで50万円前後。しかし、ケノンなら本体価格が約7万円、カートリッジも格安です。
脱毛サロンの巧みな勧誘には注意が必要
脱毛サロンでは新規顧客開拓のために様々なキャンペーンを行い、100円で脱毛したり部分的に無料にしていますが、施術後の勧誘が大変。家庭用脱毛器ケノンなら脱毛サロンよりもはるかに安く、何度でも脱毛が可能です。
ケノンはエステ経験者からの乗り換えが多い
エステは脱毛費用が以外と高額になります。そこで1度購入したら、ずっと使用できるケノンにエステから乗り換える女性が増加中です。ケノンは、購入した後維持費がほとんどかからず、コスパに優れています。
脱毛サロン店舗数は会員数に比べ少なく予約が難しい
大手脱毛サロンでは店舗数に対して会員数が多すぎるのがネック。1店舗あたり1万人もの会員を抱えている脱毛サロンもあるほど・家庭用脱毛器ケノンを使えば予約ナシでいつでもカンタンに家庭で脱毛ができます。
脱毛サロンにはどんなメリットがある?
脱毛サロンは手の届きにくい部位を処理できるところにメリットがあります。しかしケノンでもそれらの処理は可能です。家の人に手伝ってもらったり、手の届かないところだけをサロンで入念に処理すると良いでしょう。
脱毛サロンの集客方法は?
脱毛サロンでは驚くほどの激安な価格でキャンペーンを行い集客を行っています。しかし実際に通い続けるとかなりの費用が掛かります。しかし家庭用脱毛ケノンを使えば脱毛サロンより安価で脱毛ができます。
エステは写真撮影をすることがある
脱毛サロンの中には写真撮影をするお店も少なくありません。最近では個人情報が漏えいすることもないとは言えません。家庭用脱毛器ケノンを使えば、自宅で安心して脱毛を行うことができます。
ケノンと脱毛サロンの脱毛終了までの期間の違い
一般的な脱毛サロンは2〜3か月に1度のペースで脱毛することを推奨しており、終了までおよそ2年〜3年ほどかかります。一方でケノンは、2週間に1回の照射でおよそ半年で脱毛が完了します。
脱毛サロンは医師法違反にならないよう出力は弱い
脱毛サロンで使用する業務用脱毛器の出力を高い状態で使用するためには医師免許が必要です。そのため弱い出力で行う脱毛サロンが多く、脱毛効果も薄くなってしまいます。