脱毛 肌トラブル

脱毛・除毛の肌トラブル記事一覧

脱毛を行う時に利用される方法には、毛抜きやカミソリ、脱毛クリーム、家庭用脱毛器、エステサロンに通うなどがあります。ムダ毛を処理することを恥ずかしいと悩んでいる方も多く自己処理している人が多く、カミソリや毛抜きを利用している人も多いようです。しかしそういった方法でムダ毛を処理すると肌のトラブルに繋がることもあります。特にそういう人は、風呂場などでしている人が多いと思いますが、しかし、そういうところに...

脱毛の方法に針脱毛という方法があります。針脱毛は過去に痛みが大きいということで問題になったことがあります。その痛みは毛穴に針を刺したことによって生じるものではなく、刺した後に電流を流すので、その瞬間に強い痛みを感じることになります。その痛みは電流の強さと長さによって比例するようになっています。それに電流を流すことで皮膚表面が火傷したり色素沈着が起こったりすることがありました。現在では技術も進歩して...

脱毛方法にはレーザー脱毛というものがあります。レーザー脱毛はアメリカで発明され、それまでの脱毛は針脱毛で痛みが大きく、肌のトラブルが多かったが、レーザー脱毛により急激に脱毛のスピードはあがるようになりました。ただしレーザー脱毛に関しては医師免許を持っていないとレーザー脱毛機器を使うことができません。医師はレーザーの出力を調整することができ強ければ強いほど、効果も良いが、その反面皮膚が赤くなったり痛...

敏感肌で、ムダ毛を処理することに対して悩んでいる人は少なからずいるのではないでしょうか。除毛クリームやカミソリなどでムダ毛処理をするち、敏感肌の人なんかは肌が赤くなってしまったり、肌荒れをお越したりしまう人は多いと思います。そのような人は家庭用脱毛器であるケノンでのムダ毛の脱毛に切り替えましょう。ケノンは敏感肌の人でも安心して使うことができるようになっています。ケノンはフラッシュ脱毛で脱毛を行うの...

ケノンには使用する際への注意すべきことがいくらかあります。その中の1つに、ニキビができている部分への照射を禁止しています。ニキビが治った後のニキビ跡であれば、脱毛の光を当てても問題はありませんが、まだニキビで肌が赤くなっていたり、炎症しているのであれば、ケノンでの脱毛は完全に禁止です。エステサロンなどでもニキビのある部分への脱毛は行っていません。また毛抜きや電動シェーバーでもニキビのある部分のムダ...

皮膚にある黒ずんでいる部分のことを色素沈着と言います。医療脱毛において色素沈着には2パターンあります。一つ目は施術を行った皮膚や毛穴が脱毛後に黒ずむケース、デリケートゾーンのように施術する前から黒ずんでいる状態のケースの2種類あります。まず色素沈着の原因は、メラニン色素が発生して蓄積されることで黒ずんでいるように見えます。施術後に黒ずむ場合は、施術した肌を紫外線に当ててしまったことによって黒ずんで...

ムダ毛のじこ処理には色んな方法があります。その中でもカミソリを選んだ場合、何度も処理し続けなければなりません。そのため肌にも負担がかかってきます。除毛クリームを使った場合は、化学反応などによって炎症やかゆみが生じたりする場合があります。そのため自己処理にはカミソリと除毛クリームを使うのはやめておいたほうが良いと思います。特に敏感肌の人は安全性が高く、肌への負担も少ない自己脱毛することができます。ケ...

最近のエステサロンでの脱毛では、光脱毛を採用しているところが多いです。この光脱毛というのは、別名フラッシュ脱毛とも呼ばれ、脱毛したいところに光を当てることで、皮膚のなかにある毛根細胞を破壊することで脱毛していきます。昔は針での脱毛を行っていましたが、現在の方法よりもはるかに時間がかかり、痛みを伴うものでした。そのため過去の脱毛法よりも現在の光脱毛はトラブルが少ないとされています。そしてエステサロン...

剛毛で悩んでいる方は非常に多いと思います。剛毛の人には太ももやお腹、背中までと至るところに毛に覆われているという方もいます。女性の間では、毛深い人は特に受け入れられないことが多いので、毛深い人にとっては辛いですよね。剛毛だからといってモテないわけにはいかないと思うんです。そのために剛毛を脱毛してしまいましょう。剛毛さえ生えてこなければ毛という外見だけで距離を置かれることが少なくなります。しかし脱毛...

家庭用脱毛器でありケノンを利用して、肌荒れになってしまったことのある人はいくらかいるでしょう。ケノンはもともと肌に優しい脱毛器ですが、使い方を間違って使用すると肌荒れを起こす原因になります。特にケノンには照射レベルというものがありますが、人の肌によって耐えることのできるレベルというものがあります。それなのに最大レベルで照射してしまった場合、手が赤くなったり、膨らんだり痒みをもったりします。使い方さ...

脱毛をしようと脱毛をしていると脱毛器であるケノンについて一度は目にかかるのではないでしょうか。脱毛業界ではかなり有名になっています。しかし脱毛したい人の中にはアトピー肌だという人もいると思います。アトピー肌の人は肌が敏感ですので、カミソリや除毛クリームなどでも肌荒れを起こしたりとムダ毛を処理するのにも苦労している人が多いと思います。しかし家庭用脱毛器であるケノンであれば、アトピー肌の肌が敏感だとい...

埋没毛とは皮膚の中に埋まっている毛のことです。実際は閉じている毛穴の中で毛が生えてしまっています。毛が皮下の中で成長を続けており、場合によっては皮膚内を貫通することもあります。よくあるのは、ムダ毛の処理の際に、自分自身でカミソリを使って肌を切ってしまうことがあります。そういった切り口から雑菌などが入って炎症を起こしたりなどする可能性があります。可能であるのであれば、埋没毛を見つけたすみやかに対処し...

剛毛に悩んでいる方はケノンにお任せください。どんだけ濃い剛毛でもケノンならばエステサロンのように永久脱毛をすることができます。ケノンは脱毛エステまたはそれ以上のクオリティがあったことから、自宅エステなどと称されることもあります。それにエステよりも破格の料金で脱毛ができるのでとても良いです。エステサロンは完全に永久脱毛するのには、数年通い続けなければならず、費用も40万以上かかるところがほとんどです...

家庭用脱毛器であるケノンですが、フラッシュ照射を肌にすることで脱毛をすることができるフラッシュ脱毛をする脱毛器です。そのケノンを使用するにあたっていくらか注意点はあります。乾燥している肌に対してケノンを使用しないよおうにしてください。乾燥している肌にフラッシュ照射を行うといろいろな問題は起きかねません。また十分に脱毛の効果を得ることができません。なので、まず脱毛を行いたいと思っている方は、肌の保湿...

ケノンを使用していくと、時には肌が赤くなったり、かゆみを覚えたりすることがあると思います。この原因はケノンで脱毛をする際の照射レベルを高く設定しすぎたことによって使用者の肌の許容範囲を超えてしまったことにあります。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を行う際には、脱毛を行う光の強さによって生じる問題なのです。お肌が弱い人は特にそういった問題が生じやすいです。しかし、この肌の赤みやかゆみは時間が経つにつれて...

人間の人体には汗腺と呼ばれるものがります。汗腺の中でも2種類あり、エクリン腺とアポクリ線に分かれています。エクリン腺は全身のどこにでもあります。アポクリ線は乳輪や陰部などの限られた部分にあります。アポクリ線の発達によって腋窩の匂いが発生することを言います。この匂い関してはワキガと呼ばれることがあり、強いワキのニオイが不快感を持たせることがあります。男性だけに限らず、女性からもアポクリン腺によって強...

家庭用脱毛器であるケノンの購入者から、肌のぶつぶつが治ったという喜びの意見がよく送られてきます。ケノンには肌のぶつぶつを消す効果があります。ただ肌のぶつぶつにも種類があるので、すべての肌のぶつぶつを消すことができるというわけではありません。例えば、イボや魚の目などのぶつぶつは消すことができません。基本的には病気によるぶつぶつを消すことができません。カミソリなどでできた赤いぶつぶつや毛抜きなどを使っ...

毛嚢炎とは、ニキビに似たような病気で、毛包と呼ばれる毛の根元に包まれている部分であったり毛穴の部分が腫れて化膿したりして赤く腫れている状態のことを言います。一見ニキビに見えます。中央当たりにある膿を持っている部分が根を貼ったみたいに固くなると軽度の痛みが生じることもあります。医療脱毛を行っても、しっかり処理していないと施術した後の毛穴の皮膚状態などが不潔であると細菌が入って起こります。カミソリ負け...

肌のトラブルで、毛孔性苔癬というのはご存知でしょうか。別名毛孔性角化症とも呼ばれており、全身どこにでも現れる可能性はありますが、特に二の腕などに症状が現れることが多い皮膚病です。毛穴に角質が充満していることでぶつぶつ状あるいはさらさら状になってしまう皮膚病です。肌が赤くなったり、かゆみがでたりすることもありますが、基本的に自覚症状もなく、健康面でも特に問題のない皮膚病です。しかし見た目がよくなく気...

お肌に肝斑があって家庭用脱毛器であるケノンを使用できないのではないかと思っている方もいると思います。そもそも肝斑自体をご存知ないという方もいると思いますが、肝斑とはシミの一種ではありますが、原因のわからないシミのことです。専門家でも区別することが難しいシミで、このシミの特徴は30代から40代にかけての間に突然左右対称にできる地味のことで、場所は額や頬骨のあたりにできやすいです。シミの境界線がぼやけ...

脱毛をした後に、脱毛した肌に赤みがでてしまったり、肌のトラブルが起こる人もいると思います。しかし、この肌の赤みに関してはレーザーなどの熱によっておこる正常な肌の反応です。この状態は軽めの日焼けにあった状態です。この状態を放置したままにするとシミなどの原因になるので、そういった施術後の対処はしっかりやりましょう。医療脱毛を行った際なども肌に赤みが出てきます。特に医療脱毛に関してはほぼ全員が肌を赤くす...