ケノン VIO

ケノンVIO脱毛記事一覧

家庭用脱毛器ケノンでデリケートゾーンでもあるvioラインの脱毛を行うのであれば、注意しなければならないことがあります。それは、デリケートゾーンの脱毛はフラッシュの出力を抑えなければならないということです。vioラインは皮膚が弱い箇所な上に粘膜が近いこともあり、色素が沈着して黒ずんでいることがあります。この黒ずみが、ケノンの脱毛では問題になります。ケノンを用いての脱毛方法は、フラッシュ脱毛といい、光...

家庭用脱毛器ケノンを用いることで、家に居ながらにしてデリケートゾーンの脱毛も行えます。しかし、ケノンではデリケートゾーンの内、陰部から尻までのラインであるIラインと、肛門部のラインであるOラインの脱毛は推奨されておらず、販売元のエムロックグループでは推奨対象外の部位として紹介されています。なぜこの2つのラインの脱毛が行えないのかというと、これら2つのデリケートゾーンは皮膚が弱く、また粘膜が近くにあ...

家庭用脱毛器ケノンは、脱毛器の中でも群を抜いた人気を誇る製品です。インターネットの口コミもおおよそ好意的なコメントのほうが多く、楽天市場では家電製品年間一位の売上を記録したこともある超人気家庭用脱毛器です。特筆すべきはその性能です。体のムダ毛はもちろんのこと、まゆ毛脱毛や美顔器としての機能も備えているため、これ一つでほとんどの部位の脱毛を行うことができます。VIOライン、いわゆるデリケートゾーンの...

vioラインの脱毛は「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれることもあり、ハイジニーナの語源となるハイジーンには「健康、清潔、衛生学」といった意味があります。アンダーヘアを脱毛してムダ毛をなくすことで、デリケートゾーンの衛生面をより良くすることにつながり、ムレ、かゆみ、臭いといった問題の解決にもつながります。そのため、最近では日本でもデリケートゾーンのムダ毛処理に力を入れる人が増え始めてきました。こういったデ...

未処理の陰毛というのは、見た目的に良いとはあまりいえません。例えるなら生えたまま放ったらかしにしてしまった庭の雑草であり、伸び放題にしているとだらしない女性だと思われてしまいます。そのため、定期的に剃り、綺麗でピシッとした女性を目指しましょう。海外の陰毛事情を見ると、陰毛はできるだけ剃っておくというのがエチケットとして捉えられている国もあります。しかし、日本ではまだそこまで徹底されていませんし、薄...

VIOライン、つまりデリケートゾーンのムダ毛処理は、昔に比べてだいぶ注目されるようになってきています。欧米では、脱毛を行うのは常識でしたが、日本では近年になり、ようやくアンダーヘアの脱毛への意識が向き始めました。実際にデリケートゾーンのムダ毛処理をしているかどうか500人にアンケートを取ったところ、60%の女性が事故処理もしくはエステなどで脱毛しているという回答結果が出ました。デリケートゾーンの脱...

VIOラインの処理の問題で、一つ浮上するのが、男性の好みです、未処理なアンダーラインを好む人は少ないですし、見た目や衛生面を考慮しても、できるだけ綺麗に整えておきたいものです。男性の好みで多いのが、小さめの面積の逆三角形のアンダーラインです。ショーツにキチンと収まっているくらいの小さめのサイズは、男性に人気です。その次に人気なのが、短く揃え、全体的に薄い状態です。しかし、短く薄く揃えても、カミソリ...

ケノンでVIOラインの脱毛を行う際に、絶対にやっておかなければならないことがあります。それが、剃毛です。ケノンで行う脱毛は、フラッシュ脱毛といわれているものです。これは、フラッシュによる光を黒い毛に吸収させ、その効力で毛根にダメージを与えて脱毛を行うという仕組みになっています。しかし、毛が一定以上の長さの場合は、フラッシュの光を吸収したとしても毛根に届くまでに効果が半減してしまうため、脱毛に思った...

下半身に生えている体毛、いわゆるアンダーヘアですが、このアンダーヘアを脱毛するというのは、様々なメリットが生まれます。今回は、そんなメリットについて説明していきましょう。まず、見た目です。アンダーヘアを処理することで、ビキニなどの急角度な水着を履いても毛がはみ出るということがありません。特にビキニラインであるVラインはビキニを履く上ではしっかりと処理しておかないと毛がはみ出てしまう可能性は極めて高...

身体に生えている毛には、「性毛」と「無性毛」の二種類があります。性毛とは、第二次性徴期の時に生えてくる毛のことであり、特徴としては無性毛に比べて縮れて太いことが挙げられます。また、性毛と無性毛では毛周期が違い、無性毛の毛周期はおよそ2ヶ月程度ですが、性毛の場合およそ1~2年の毛周期になります。これはつまり、性毛は1~2年の間ずっと伸び続けることを意味しており、その間の性毛はいくら処理しようとも際限...

デリケートゾーンの毛の対策は、女性にとって必須といえます。水着を着た際に未処理だとすぐにわかるVラインや、肛門周りのOライン、そしてアンダー部分のI ラインは、どれ一つとっても疎かにすることはできません。とくにOラインが未処理だった場合、衛生面的な意味でも審美的な意味でもあまり良い印象を残すことはできないため、Oラインの毛が濃い場合は出来る限り早急に対策を練る必要があります。また、Iラインは目立た...

日本人女性の間でアンダーヘアの脱毛に関する意識が芽生えたのは、ここ10年ほどの間です。欧米ではアンダーヘアの脱毛はエチケットとして行われていましたが、日本ではアンダーヘアの脱毛に関する意識や文化というものがなく、価値観そのものが違っていました。しかし、徐々にその意識は変わり始め、現在ではアンダーヘアの脱毛はエチケットとして定着しつつあります。その証拠に、街中のエステサロンでもハイジニーナ(アンダー...

VIOライン、いわゆるデリケートゾーンのムダ毛処理を行うことには様々なメリットが有ります。まず、見た目が美しくなるのが第一で、その次に、衛生面に関しても大幅な改善がなされます。VIOラインの内、iラインは性器から肛門にかけてのラインを、oラインは肛門周りのラインを意味します。i・oラインのムダ毛を処理するということは、生理時の経血や排泄物が付着することもあり、おまけに蒸れやすいので菌も繁殖しやすい...

VIOライン、いわゆるアンダーヘアですが、脱毛を行う際には気をつけなければならないことが沢山あります。まず、肌の黒ずみです。アンダーヘアを脱毛すると、お肌にストレスがかかって肌の角質が生まれ変わることになります。これはつまり皮膚のターンオーバーの周期を乱すということになり、これによって古い角質が堆積してしまい分厚くなってしまいます。更に脱毛したことによって生じたダメージを修復しようとメラニンが放出...

デリケートゾーンの剃毛に適しているのは、専用の電動トリマーです。カミソリでも剃毛は行えますが、Vゾーンならまだしも、肛門周りのOラインをカミソリで剃るというのはあまりおすすめできません。なぜなら、自分の肛門を見るというのはよほど体が柔らかくないと行えない上に、無理な体勢のまま剃毛を行うことになるので体に掛かる負担は非常に大きなものとなります。鏡で見て剃毛を行うのも可能ですが、それでも見づらいため、...

ムダ毛の中でも出来るだけ無くしておきたいOラインのムダ毛、いわゆる尻毛は古くから女性の悩みの種であり、現在では様々な解決方法が存在します。ポピュラーなものではカミソリや毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛クリームなどがあります。また、エステサロンでも尻毛処理法は多く考えられており、レーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器、そして医療機関のニードル脱毛や永久脱毛のためのレーザー脱毛器など探せば探すほど尻毛処理...

人体の中でもデリケートな部分であるVIOラインは、他の皮膚の部分と比べると薄くなっているのが特徴であり、もしここの脱毛を行うというのであれば、キチンと正しい方法で行わないと取り返しの付かない事態になりかねません。ですので、不十分な知識だけでデリケートゾーンのムダ毛処理を行うのは賢い行いとはいえませんのでご注意ください。しかし、VIOラインは、放置したままだと見た目もあまり良くありませんし、なにより...

ケノンには、様々なカートリッジがあり、用途に分けて使うことができます。中でも最も効果範囲が広いカートリッジが「エクストララージカートリッジ」です。面積は9.25平方cmであり、脇の下やスネ、腕など、広範囲にムダ毛がある場合の処理に適しています。また、デリケートゾーンの脱毛においてはVゾーンの脱毛がエクストララージカートリッジでは1分で施術を完了させることができます。しかし、VIOラインの内、IとO...

VIOラインの脱毛を完璧に行うというのは、人によっては恥ずかしいと感じる人もいます。そのため、完璧にツルツルにするのではなく、あえて薄く残して自然な状態にしたり、人によってはおしゃれな形に脱毛する人もいます。例えばVラインならば、自然な形を好む人はナチュラルなスクエア形、もしくはシンプルスタイルの逆三角形に整える人もいます。小さめの水着を穿いた場合、スクエア型にすると毛がはみ出してしまうので不向き...

VIOライン(アンダーヘアのこと)のムダ毛処理事情に関して日米を比較した結果、アメリカではVIOラインの脱毛をしっかりとしている人の割合は、20~30代の男女計400名のうち、94.7%がきちんとお手入れをしているという結果が出ました。大して日本では60%という結果が出ており、日米でおよそ30%以上の差がでています。理由としては、日米の脱毛に関しての文化が違うことが挙げられます。欧米ではハイジニー...

ハイジニーナ、いわゆるアンダーヘアにムダ毛が一切ない無毛状態になりたいのであれば、エステサロンか、あるいは家庭用脱毛器を使って自分で処理を行うことになります。エステサロンの場合は、綺麗に脱毛することが可能ですが、エステサロンに行くまでの時間や、行くごとに発生する金額などがネックとなります。加えて、他人にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい場合は気軽に行くこともできません。よって、誰にでも気軽に...

ケノンで使うとなるとみなさんまずやってみたい部位にVIOラインがあると思います。しかしVIOラインへの光照射は意外とやり方を知らない方も多いでしょうから、簡単にVIOラインについて説明をしていきます。ケノンの販売会社エムロック社は公式サイトでVIOラインを脱毛することを推奨しているわけではありません。しかし、唯一Vラインを脱毛することだけを推奨の対象にしています。だけど、公式サイトでエムロック社は...

脱毛においてVIOラインという言葉は耳にすることは多いと思いますが、どこの場所のことを言っているのかわからない方もたくさんいるでしょうから、VIOラインがどこの場所なのか説明していきます。VラインVラインとはビキニラインのことを言います。ビキニなどといった水着を着たときにはみ出してしまう場所のことになってきます。形がVになっているのでVラインと呼ばれるようになりました。夏になると水着を着るという方...

vioをフラッシュ脱毛するというのはアンダーヘアをフラッシュ脱毛することを意味しています。アンダーヘアなどは皮膚が薄くなっている箇所なので、刺激にも弱くて痛みも強く感じやすい部分になっています。医療施設の脱毛だと刺激がきつすぎてしまって施術を受けることはできないと思っている人もいるかも知れませんが、医療施設の脱毛を受けたほうがエステサロンのフラッシュ脱毛よりも綺麗に脱毛することが可能でしょう。もし...

vio脱毛とは?あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。これはアンダーヘアの脱毛のことを意味する言葉です。アンダーヘア部位の表皮は薄い部分になっているため、刺激に対して弱く痛みも感じやすくなっている部分です。医療脱毛の場合では、刺激がきつすぎるため施術をとても受けれないと思ってる人もたくさんいるかもしれませんね。ですが、医療脱毛による施術の方がエステ脱毛するよりも、綺麗な仕上がりで脱毛することがで...

vioラインを永久脱毛したとしても、また毛が生える確率はあります。永久脱毛を受けたからといって、絶対生えないわけでもないんですよ。生える確率が低いというだけです。この確率が最も低いのは、クリニックで医師によるニードル脱毛です。これが最も優秀な成績ですね。ですから、その他の脱毛方法では無駄毛が再び生えてくる覚悟はしておきましょう。むしろ、それを想定していつでも脱毛を再開できるものもあります。それは家...

vioをカミソリで剃るのはかなり簡便ではあるのですが、お肌がダメージを負うことにもなるので十分な配慮は必要です。鋭利なカミソリを使うことは、とても危険です。刃の当たり方次第では切ってしまうこともあります。ですから、表面を滑らかにするためにも、シェービングフォームとかジェルなどを塗ることになります。そして、ムダ毛が生える成長方向に逆らわないように、剃ってくことがポイントの一つです。さらに、シェービン...